ATACカンファレンス

    障害や病気のある方の生活を支援するために

    特別支援教育や福祉の現場で求められる思想や技術、

    周辺の課題と解決策をわかりやすく伝えることを目的に

    15年前から開催されているATACカンファレンスに

    西部地区の平井が参加してきました。

    丸3日間、70あまりのセミナー、発表、セッションの

    中から受講できた15の内容を簡単ですがレポートします。

    特にLL(リビングライブラリー)という、さまざまな

    課題を抱えて生きてこられた当事者自身を「本」として

    30分貸し出すという企画では深く心に響いたものがありました。